ギャラリーのご案内

MachaArtイラスト展

イラストレーター小田原正幸さん(阿久比町在住)の個展です。
ほのぼのとした気持ちになれる癒しのアート作品です。

2014/10/14(火)~11/2(日) am10~pm6 月曜定休

小田原正幸さんの紹介
半田警察署キャラクターデザイン
紙芝居「コンきつね」作者
パステルアートインストラクター
クリエイティブプランナー
イラストレーター

10月26日(日)am10~12
癒しのパステルアート体験教室開催
お申込み・お問い合わせは、アート・アンド・ユーまで。
℡ 0569-48-8678  FAX・mailでもok
事前予約が必要です。

小田原

小田原2

小田原3

小田原4

小田原5

はぱぱ展

はぱぱ展
TAKEUCHI MIHARU
2014.09.02(tue.)〜21(sun.)
ART & YOU
AM10:00〜PM6:00
月曜定休

竹内美晴さんの絵画作品展
(阿久比町在住,常滑高校、名古屋芸術大学卒業)
miharu1

miharu2

miharu3

1月の作品展のお知らせ

アート・アンド・ユー プリザーブドフラワー教室作品展
1/15(水)~31(金)am10~pm5 月曜定休

第10回絵友会展

平成25年12月6日(金)~8日(日)午前10時~午後4時
中部電力ギャラリーわっと(半田市)
多くの皆様にご高覧頂き、そしてご意見を賜り誠にありがとうございました。
今後の制作活動に参考にさせていただきます。

アート・アンド・ユーの「パーチメントクラフト教室」で学ぶ生徒&講師の作品展です。

平成25年10月5日(土)~10月26日(土) 午前10時~午後5時 月曜定休
えっ!これ紙なの!? レースかと思った!
..これが、初めてパーチメントクラフトを見たほとんどの人の第一声です。
 Parchment Craft (パーチメントクラフト)とは?
厚手のトレーシングペーパーに似た、専用の「パーチメントペーパー」に、
エンボス・パーフォレイティング(浮き彫り・穴開け)などの加工を施して、
レースのような美しい模様を作り出し、それをカードや小箱、壁飾りなどに
仕上げていくペーパーアートです。
本来のパーチメントは、「羊皮紙」を意味します。
紀元前500年頃にパピルスに代わるものとして発明され、聖書の写本などに
使われていました。19世紀には修道僧が書類や本を作ったり、表紙として
浮き彫り模様を入れて使ったりしていました。
クラフトとしての発祥は不確かですが、スペインやフランスの修道院と
されています。
スペインの侵略によって、南米にも製本とパーチメント加工の技術が
伝わり、その後特にコロンビアにおいてパーチメントクラフトが発展し、
結婚式の招待状などをこの技術を使って作ることが一般的になっています。
パーチメントクラフトを世界中に広げたのは、マーサ・オスピナ
(Marth Ospina)という女性です。コロンビア出身のこの女性は、学生時代
からパーチメントクラフトを習い高い技術を身につけていました。
後に、彼女はオランダ人の男性と結婚し、オランダに住むことになり、
友達にオランダ語を習う代わりにパーチメントクラフトを教えることに
なりました。その教室が評判を呼び、オランダに多くの教室が出来ました。
その後、パーチメントクラフトはオランダからイギリス、デンマーク、
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカへと広がりました。
そして日本へ 。 日本のパーチメントクラフトは1994年頃から徐々に広がりました。
他のクラフトに比べると、日本ではまだあまり知られていないクラフトですが、
主に「白」で表現される、繊細で清楚、レースと見紛うほどの美しさとその魅力は、
日本人の感性にぴったり合うようです。
アート・アンド・ユーパーチメントクラフト教室生徒&講師
工藤 弘子、 小西 みゆき、 椙江 雅代、 橘 慶子、 永井 美千代
講師  佐藤 陽子

【アート・アンド・ユー「ポジャギ(韓国風パッチワーク)教室」作品展】

平成25年9月5日(木)~10月2日(水) 午前10時~午後7時 月曜定休
◆出品者
水村 やよい 金子 慶子      
指導 新海 敬子
◆韓国語でポジャギとは、ものを包んだり覆ったりするときに使われる布のことです。漢字では「褓」と書きますが、古い文献には同音の「福」という字がポジャギの意味で使われているものもあります。その背景には、一針一針丁寧に心を込めて作ったポジャギでものを包むのは、同時に福を包み込み、福を呼ぶとされた民間信仰がありました。また、小さなはぎれを無数につないでいく行為は、長寿を願うという意味にもつながっていたといいます。

個展やグループ展を開催しませんか

ay_g

ギャラリーでは、皆さんの作品を募集しています。
あなたの個展を開催してみませんか。

8畳+2畳のサンルームスペースに、展示台・ロフトもあります。
庭の中のコテージです。

アートショップのショーウインドウにも作品を展示できます。

» ギャラリーの歩み 2008年から

» ギャラリーの歩み 2008年まで

*過去の記録をご覧いただけます。

会期は自由です

ディスプレイやPR方法等のアドバイスもお任せください。
どなたにでも個展が開けるよう、当ギャラリーが皆さんのご支援をいたします。

* ギャラリー賃料についてはお問合せください。

Tel/Fax 0569-48-8678 » メールでのお問合せはこちらから